第29回成増童謡まつり

7月ぐらいから、

コンクールや発表会の伴奏などでの

演奏の機会が戻ってきました。


自粛明け最初の本番では、

お客さんが1席空けた状態で

全体に散らばっていて、

妙な圧迫感で緊張したことを覚えています。


そして今月は成増童謡まつりの収録。

作詞家・清水かつらの作品を

約40曲演奏するという滅多にない

機会を与えていただきました。


歌手を務められたのは、

渡辺かおりさんとなげのあやかさん。

素敵でチャーミングなお二人でした。

収録が終わり、2週間近くたった今も

毎日頭の中で清水かつらの曲が

流れているくらい(笑)

ハードではありましたが、

スタッフの方の心遣いも素晴らしく

記憶に残る楽しい本番でした。


今回のDVDは、板橋区内の図書館や

関係小中学校などに配られるようです

ので、お近くの方はぜひ。


1番好きな曲は、

唯一ピアノの出番がなかった

海沼実さん作曲の「よなか」

という輪唱曲。


時計が夜中に時を刻む様子が、

かわいらしい詩で表現されています。

機会があれば聴いてもらいたいし、

誰かと歌ってみるともっと楽しいはず!



お世話になった別府明雄さんと、

出演者の3人でパシャリ。

終わった後の私、開放感溢れすぎて

じわじわきます。