チェロ発表会

先日、数年関わらせて頂いている

チェロの発表会で伴奏を務めました。



生徒さんたちにお会いするのは

1年にこの機会だけ。

あの小さかった子がこんな素敵な

演奏をするようになって…とか

あの大人の生徒さん、昨年より

落ち着いていらっしゃる、とか。

気分はほぼ叔母です。


会場は、広い広いウェスタ川越

バランスに苦戦しながらも、

響きを十分に堪能しました。


プログラムの最後には、

講師の名越菜々子さんと

バッハのチェロ・ソナタを。



本当に弦楽器は名曲が

多くて嫉妬してしまいます。


こうして舞台に立つことの

ありがたさや、

舞台に立たれる方、

携わっている方のことを思うと

今年は1つ1つのステージに、

よりぐっとくるものがあります。


最後に、私の大好きなチェロの曲を。