クリスマスソング

今年はクリスマスソングを

演奏する本番がなく

寂しい気持ちでいたのですが、

その反動かこのふた月ぐらい

クリスマスソングをよく聴きました。



最近友人から教えてもらった

《The Twelve Days of Christmas》

(クリスマスの12日間)。


16世紀ごろから伝わる

ヨーロッパのクリスマスキャロルで

数え歌のようにになっているのですが、

英語ならではの

言葉のリズムが面白いので

歌詞を見ながら歌うとより楽しいかも!

この動画はアレンジも素敵で、

やっぱり人が集まるっていいなと。


5の時の異常な派手さに何故か

笑ってしまいます。



それから今更ですが

《サンタが街にやってくる》。


日本語で歌う歌詞は知っていましたが、

『エルフ 〜サンタの国からやってきた〜』

という映画の中でこの歌を歌っていて、

こういう意味だったんだと再発見。


子どもになった気持ちで読むと、

素晴らしい歌詞です。


すごく気に入ったので

映画版の和訳を書いておきます。


ーーーー


You better watch out

(気をつけてね)

You better not cry

(泣き虫はダメ)

Better not pout

(怒りんぼもダメ)

I’m telling you why

(なぜか分かる?)

Santa Claus is coming to town

(サンタクロースが街に来るからよ)


He’s making a list,

(リストを作って)

And checking it twice,

(見直しは2回)

Gonna find out Who’s naughty and nice.

(いい子と悪い子を調べてる)

Santa Claus is coming to town

(サンタクロースが街にやって来る)


He sees you when you’re sleeping

(眠ってるときも見てるわ)

He knows when you’re awake

(起きた時間も知ってる)

He knows if you’ve been bad or good

(どんな子かサンタはお見通し)

So be good for goodness sake!

(だからいい子でいるのよ)


Oh! You better watch out

(気をつけてね)

You better not cry

(泣き虫はダメ)

Better not pout

(怒りんぼもダメ)

I’m telling you why

(なぜか分かる?)

Santa Claus is coming to town

(サンタクロースが街に来るからよ)


ーーーー


いろんな歌手の方が歌っているので

動画もたくさんあって、

マライア・キャリーの弾けた感じも

最高ですが。


映画を見た後だと

あの感じが恋しくなります。


Netflixにも出ていたので

興味がある方はぜひ。



そしてクリスマス前に

実家からなんじゃこら大福

送られてきたので、

イブの夜はケーキの代わりに大福を。


この包み紙を見るだけで、

幸せな気持ちになります。

最高おやつ。


早く安心して帰省できる日が

来てほしいものです。