top of page

エチュード第1番

カプースチンが作曲した

《8つの演奏会用エチュード》作品40

の中から、第1番「前奏曲」の

演奏動画を撮りました。



年明けに、勤務している音楽教室の

オンライン発表会のために

撮影してはいたのですが、

自分のチャンネルのために撮り直し。

(どうしても4拍子にならない

ところがあり、なんでだろうと

思ったら1つ音を勝手に付け足して

いたのでした…)


躍動感、グルーヴ感といえば

いいんでしょうか。

とにかくテンションの上がる1曲。

ジャズのように即興的でいて、

これが実は緻密に書かれた音楽

というのが信じられません。


とってもリズムカルな曲だけに、

メトロノーム練習に

明け暮れた期間でした。


ずっと憧れの曲だったので

こうして形に残せて嬉しいです。




音楽的に素晴らしい「練習曲」を

書いた作曲家はたくさんいますが、

私は「第1番かつ、ハ長調の曲」

というのが大好きです。


例えば有名なショパンの練習曲、

作品10-1。


練習曲といえば、ハノンとツェルニー

ぐらいしか知らなかった中学生の時、

こんなかっこいい曲が練習曲!?

と度肝を抜かれました。


そしてリストの《超絶技巧練習曲集》

S.139の第1番。

高校生の頃、MDに入れて

ずーっと聴いてました。

ドビュッシーも絵画のよう。

演奏は23分30秒ぐらいから。


ハ長調が持つ、まっさらで

真っ向勝負な感じが好きです。

調を色で例えた人がいますが、

私のイメージは白。


みなさんのイメージは

何色でしょうか?



話は戻りカプースチンの練習曲。

8番まで続けて弾いて

1つの作品となるように調が

配置されているらしいです。

他の曲もいつか弾きたいな。


次の動画にあげる曲も

練習中なので、お楽しみに。


よかったらチャンネル登録も、

お願いします!


Comments


bottom of page