べんきょう会

先日参加したべんきょう会。


発表会や試演会と説明するのも

また違うのですが、

主催の小山いずみさんが

プログラムにこんな風に

文章を書いてくださっていました。


ーーー

このべんきょう会は

「上手に演奏することを披露する会」

ではなく、忖度も謙遜も卑屈に

なることもない

「あなただけの個性的な音楽」が

大歓迎される場でありたい。

と始めました。

ーーー


プロもアマチュアも関係ない。

1人の人間としての音楽。


全文はこちらですが、

なんて勇気の出てくる文章だろう!

と本番前から感激していました。



今回私はフルートの方の伴奏を

数名担当させてもらいました。


1人1人の方への思いがあり、

なんだかすごく満たされた結果

終演後なぜか泣き出す始末 笑


差し入れの四里餅が美味しすぎて

いまだに忘れられないことや、

プーランクのフルートソナタが

最高に楽しくて、

更に彼のことが好きに

なってしまったことなど、

思い出がたくさんです。


大好きな武蔵ホールと

ベヒシュタインのピアノ。

素晴らしい参加者とお客さんに

囲まれて、贅沢な時間でした。



いつかプーランクの

室内楽作品だけを集めて

コンサートしたいな。